絶対に当たりたくない悪徳不動産業者の見分け方

不動産売却をするのであれば、絶対に頭にいれておいて欲しいことがいくつもあります。
今回は、中でも「絶対に頭のなかに入れて臨んで欲しい」ということをテーマにしていきたいと思います。

それが、タイトルからも分かる通り「悪徳不動産業者に引っかからない」というモノ。
本当に悲しい現実ではありますが、悪いことをして不正に利益を上げようとする、悪徳業者が存在します。 このような業者に引っかかってしまうと、人生が終わってしまうと言っても過言ではないほどの大きなダメージを負ってしまう可能性が。

だからこそ、本記事を読んで貰って、自己防衛もして欲しいなと思います。 特に、初めて不動産売却をしようと考えている利用者の方は、必ず頭に叩き込んで不動産業者選びに臨んで欲しいところです。
前置きが長くなってしまいましたが、以下よりお話をしていきたいと思います。

■不動産売却には免許が必要だからこそ…

不動産売買を行う人間は、必ずとある免許を所持しています。
その免許とは、宅地建物取引業と言われる法律に基いて発行されているもので、公的な免許になります。
だからこそ、悪徳業者の判別に役立つわけですね。

もし提示が出来ないと、断られた場合は、非常に危険でありリスクが高いため、不動産業者比較の中から除外してしまった方がよさそうです。 また、確かな実績を提示して貰うのも1つの手。
悪徳業者は嘘で塗り固められている場合が多いため、どこかで矛盾点が出てしまうからです。